読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

装薬緑4

事後の前進は各個前進

パタン

 パタンは日ノ出町駅近くにある第一亭のまぜそばみたいなやつでひたすらにんにくが効いていて、孤独のグルメかなんかで全国的に有名になってしまいました。実のところバスかチャリ、最悪徒歩で行けるところにあり野毛には2年くらい前にはよく行っていたのですが名物のチート等モツの類は言われるほどうまいもんでもないかと思います。焼きそばとかはそれなりだとは思うのですが、パタンはまかない飯でこれを食いに横浜までくるかというとそんなレベルのもんじゃないので、野毛に飲みに来てシメに行くみたいな副次的な使い方をする程度ではないでしょうか。とするもたまに食べたくなるので本物とは別物ながら簡易版を作ったりしてます。

第一亭

食べログ第一亭

ガラスープとか旨み調味料を使っても味がやかましくなるので醤油と紹興酒、にんにくで醤油だれを作って、麺にごま油とねぎ油をまぶしてトッピングに長ネギかフライドエシャロットを盛って食うだけです。にんにくはもちろん生のものを刻んで使うのですが、刻みを使うというのが結構重要な要素なようでおろしを使うとくどくなります。刻みを使うとタレに若干とろみがついて絡みやすくなるんでしょうかね。

 あと、食ってると刻んだ生にんにくのパンチの強さにやられてくるので口直しができるものが必要です。スープと青菜なんかがあるとちょうどいいかと思います。撈麺だとスープがついてそれを掛けながら食べたりするんですが、本来そういう食べ方をするものなのかもしれないです。

 麺ですがうどんだったり太めの中華麺で代用されていていることが散見されます。ちなみに第一亭で使用されている中華麺は中華街にある東成軒製麺所のものなので地の利を生かして我々横浜市民は是非とも本物を使いましょう。そもそも麺のクオリティーに依存しているものなので、ここをケチると途中から食うのが苦痛になります。

www.chinatown.or.jp

 生のにんにくでやることに意義があるとは思うんですが、フライドガーリックとフライドエシャロットにガチョウ油をかけたやつも美味いです。これは麺より飯にかけた方が破壊力がでかいと思いますが。ガチョウ油がなくてもオイスターソースを大量にかけて食うのもありです。このガチョウ油ですが単体でもかなりコクがあって温めしと混ぜるだけで簡単に脳汁がドバドバ出ます。